インサイドピッキングが難しい理由と、具体的な攻略法を公開します!

こんにちは、わさとしです。

今日は、いつもブログを読んでくださっている
マッキーさんにお会いして、レッスンをしてきました!

マッキーさんは、10年くらい前に
ジストニアを発症してギターが弾けなくなり、
しばらく辞めてしまっていたそうなんですが…

久しぶりに好きなバンドのライブを見て、
2年ほど前からギターを再開。

1年間、ゆっくり指を動かすリハビリをして、
大変な思いを続けてきてましたが、
「それでもギターが上手くなりたい!」と
僕に声をかけてくださった努力の人です。

絶対に上手くなって、
その努力が報われてほしいですね!!

そんなマッキーさんから、
インサイドピッキングが苦手で…」
という相談をいただきました。

インサイドピッキングといえば、
僕も上達するまでに
一番時間がかかったテクニックでした(^^;)

この記事では、
そんなマッキーさんの相談にお応えして

  • どうしてインサイドピッキングが難しいのか?
  • インサイドピッキングを攻略するための練習方法とは?

この2つについて解説していきたいと思います!

インサイドピッキングが難しい理由

多くの人が苦戦している
「インサイドピッキング」ですが、
なんでそんなに難しいんでしょうか?

それには大きな理由があります。

インサイドピッキングとアウトサイドピッキング

まず、インサイドピッキングとアウトサイドピッキングについて
簡単に説明しますね。

  • インサイドピッキング
  • アウトサイドピッキング

この2つは、どっちも
「違う弦に移動して弾くときの、弾き方の名前」です。

例えば、2本の弦があって、
「上の弦→下の弦」の順番で
弾くフレーズがあったとします。

『上の弦をダウンピッキング→下の弦をアップピッキング』
これがアウトサイドピッキングです。
図でいうと、青い部分でピックを動かせます。

逆に、
『上の弦をアップピッキング→下の弦をダウンピッキング』
これがインサイドピッキングです。
図でいうと、赤い部分でピックを動かせます。

インサイドピッキングが難しいのは「ピッキングの幅」に制限があるから!

じゃあ、なんでインサイドピッキングが
難しいのかっていうと…

上の図を見てもらうと分かるとおり、
アウトサイドピッキングは
これだけ広いスペースを自由に使っていいので、
ピッキングの幅に制限がないんです。

極端な話、崩れたフォームだとしても
割と弾けちゃうように元々できてるのが
アウトサイドピッキングです。

ピックの振り幅が大きい人・小さい人
個人差があってもみんな弾けちゃう傾向があります。

逆に、インサイドピッキングは
2本の弦の幅の中でピッキングできないといけません。
ピッキングの幅に制限があるんです。

どんな人でも同じように
同じ振れ幅でピッキングする必要があります。

個人差があると弾けないのが
インサイドピッキングです。

だからインサイドピッキングって
難しいんですよね(^^;

でも、大丈夫です!

これからインサイドピッキング攻略のコツと、
具体的な練習方法について解説します。

インサイドピッキングはこうやって攻略する!

それでは、インサイドピッキングの攻略法について
解説していきましょう!

インサイドピッキング攻略3つのポイント「距離感・軌道・先回り」

インサイドピッキングに苦戦している人に
共通している3つのポイントがあります。

  • 距離感
  • 軌道
  • 先回り

この3つができていると、
インサイドピッキングは一気に上手くなります!

距離感=「次の弦どこよ?」の感覚

インサイドピッキングもアウトサイドピッキングも
どっちも「今弾いている弦とは違う弦を弾くための方法」ですよね。

ということは、
次の弦がどこにあるのかを感覚で分かってないと
どこを弾いたらいいのか分かりません(笑)

アウトサイドピッキングだと、
次に弾く弦がどこか、なんとなく分かってれば
勝手に当たってくれるピッキング方法なんですが、

インサイドピッキングの方が
しっかり正確に弦の位置を知っておく必要があります。

なので、必要なのは
「次に弾く弦がどこなのか正確に知れる練習法」
ってことになりますね。

軌道=狙ってない弦はしっかり「避ける」ピッキング

弦の位置が正確に分かったら、
次はピッキングの軌道です!

アウトサイドピッキングだと、
大振りでも他の弦を避けやすいんですが…

インサイドピッキングは、
大振りすると他の弦にごっそり当たって、
雑音だらけになります(笑)

あと、空振りすることもあります(笑)

狙った弦だけしっかり当てて、
他の弦はしっかり避ける。

こんな練習ができたらいいわけです。

先回り=次の弦を弾く「準備」ができていること

インサイドピッキングをマスターするには、
次に弾く弦が分かって、
狙った弦だけ弾けるような軌道が欲しい。

この正確性を高くするためのコツがあります。

次の弦に「先回り」することです。

インサイドピッキングでつまずく人は、
最初の弦を弾いたあとで
次の弦を弾く準備ができてないことが
かな〜り多いです!

最初の弦を弾いたあとで、次の弦を弾く準備。

これが完璧にできていれば、
インサイドピッキングは楽に攻略できます(^ ^)

まとめると、
インサイドピッキング攻略のポイントは、この3つです!

  • 距離感:「次の弦どこよ?」の感覚
  • 軌道:狙った弦以外は避ける
  • 先回り:弾いた瞬間、次の弦を弾く準備をする

インサイドピッキング攻略のための練習法がこれ!

それでは最後に、インサイドピッキング攻略の
具体的な練習方法について解説します!

その練習方法がこれ
↓↓↓


テンポは80BPMで練習しています。

この練習では、

ド(3弦5フレット)をダウンピッキング
レ(3弦7フレット)をアップピッキング
ミ(2弦5フレット)をダウンピッキング

この3つの音を、ドレミレ ドレミレ ドレミレ…
と、ひたすら繰り返しています。

ポイントは、大きく2つ。

  • オルタネイトピッキングで練習すると、「レ」と「ミ」の間が、必ずインサイドピッキングになる
  • チェンジアップという練習方法で、4分→8分→3連→16分→6連 とテンポを上げて、リズム感を鍛えられるようにしたこと

正直、16分と6連は鬼畜なので、
最初は弾けなくても全然問題ありません。

じっくり、できるところからやってみましょう。

・・・って、
これだけだと練習をぶん投げただけなので、
これを弾くための超効果的な練習を一緒にお伝えします(^^;)

この記事で一番重要なポイントです。
必ず読み進めていってください!

最強のインサイドピッキング練習法「ピックでミュート」

さっきのチェンジアップ練習だけだと、
インサイドピッキングを攻略できない人が多いと思います。

市販の教則本みたいな感じですよね(^^;)

練習フレーズだけ載せて、
その意味とか解説しないで、
結局弾けないまま終わるっていう…

そんな風にはしたくないので、
もう一つ練習法を紹介します。

この記事で一番大事なポイントです。

ぜひぜひ試してみてください!
↓↓↓


手元アップはこちら
↓↓↓


この練習は「ピックでミュート」という方法です。
(僕が勝手につけました笑)

さっきのチェンジアップ練習と
使っている音は同じです。

ド(3弦5フレット)
レ(3弦7フレット)
ミ(2弦5フレット)

この3つの音を、ドレミレ ドレミレ ドレミレ…
と、ひたすら繰り返しています。

でも、さっきの練習とは
根本的にちがうところがあります。

それが、この手順です!

  • 「ド」をダウンピッキングした瞬間、すぐ3弦を下からピックでミュート
  • 「レ」をアップピッキングした瞬間、すぐ2弦を上からピックでミュート
  • 「ミ」をダウンピッキングした瞬間、すぐ3弦を下からピックでミュート
  • 「レ」をアップピッキングした瞬間、すぐ3弦を上からピックでミュート

つまり、
最初の音を弾いたら
次に弾く弦を先に捕まえておく(=先回り)
というのが目的の練習です。

3弦と2弦の「弦1本分の幅」が完璧に分かるようになって
他の弦を避けながら次の弦だけ当てる軌道が身について
先回りするクセをつけることでピッキングの精度が上がる

これだけで一石三鳥の効果があります。

1週間も続けていると、効果が出てきて
最初のチェンジアップ練習がじわじわ上達していきますよ。

インサイドピッキングで困っている人は、
ほぼ間違いなく効果が出るので、
ぜひ試してみてください!

まとめ:インサイドピッキングはたった1つの練習で攻略できる!

今回は、マッキーさんの悩みにお応えして
インサイドピッキングの攻略法についてお話ししてきました。

ポイントをまとめると

  • インサイドピッキングが難しいのは、ピッキング幅が制限されてるから
  • インサイドピッキング攻略のコツは「距離感」「軌道」「先回り」
  • 「ピックでミュート」「チェンジアップ」でインサイドピッキングは攻略できる

特に「ピックでミュート」は、
僕が今まで試してきた中では最強の攻略方法でした。

まだ試したことがない人は、
ぜひとも1週間は挑戦してみてください!

あなたの上達を応援しています(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください