【ギター要らず】指をスラスラ動かすためのオススメ練習法

指を速く、スラスラ動かしたい。
難しいフレーズもサラッと弾けるようになりたい。

私たちギタリストなら、誰でも思ったことがあるんじゃないでしょうか。

でも、ギターを使って練習できる時間は限られているし…。

そんなあなたのために、この記事では「ギターを持たずに出来る、指をスラスラ動かすためのオススメ練習法」を紹介していきます。

ギターを弾けない時間も、着実に上手くなるための練習です。
ぜひ覚えていってくださいね。

さっそく練習方法を紹介

今回ご紹介する練習は、こんな練習方法です。

手順を言葉にすると、こんな感じです。

  • 人差し指と親指を合わせる
  • 人差し指を離して、すぐ親指にくっつける
  • 10秒繰り返す
  • 中指、薬指、小指でもやる

なぜこの練習がギターに有効なのか?

これは、リハビリやスポーツの分野でよく知られている「対立運動」というものを使った練習です。
例えば、ゴルフのグリップを握るとき、対立運動を利用すると安定すると言われています。

親指には「対立運動」という機能があります。親指の腹とほかの指の腹をつける運動で、指に対角線状の力が加わることで、パワーを分散し、棒状の物体を握りやすくするという動きです。

https://lesson.golfdigest.co.jp/lesson/plusone/article/133725/1/

実は、ギターで運指をするときも同じなんです。
親指の使い方を少し変えるだけで、劇的に弾きやすくなる、なんてこともあります。

たとえば小指が動かしにくいと思ったら、親指と小指をくっつける/離すという運動をします。
そうすると、小指に力が入りやすい動きをクセ付けることができます。
つまり小指が楽に動かせるので、運指も楽になるんです!

左手がなかなかスムーズに動いてくれない…という方は、まずこの練習を1週間続けてみてください。

気づいたら、
「あれ、なんか指が動くぞ!?」
という状態になっているかもしれませんよ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください