【怪我する前に…】ギター左手フォームの罠

こんにちは、わさとしです。

この前、あるギター初心者さんの演奏フォームを見ていて、

「あ、このまま練習すると怪我しそう…」

とすぐに思いました。

なぜかというと、その人は、自分に合ったフォームで演奏していなかったんです。

今回は、自分に合ったフォームってどんなものか?

フォームが合っていないってどういうことか?

ということについてお話ししていきたいと思います。

Fが鳴らないNさんのフォーム

今回の記事でお話するのは、ギター初心者(ドラムはバリバリ)のNさん。

ギターはかじったことがある程度で、パワーコードを弾きながら、大学時代には遊びでサークルのライブにも出たことがあるくらいの感じです。

彼女のフォームがこちら。

Nさんのフォーム(修正前)

中指と薬指が反っていて、小指が第1間接だけ曲がって、第2関節はまっすぐ…

すごく必要以上の力が入っているように感じます(^^;

・・・そこで、Nさんには「あること」をしてもらって、ちょっとフォームを修正してもらいました。

で、修正後のフォームがこちら。

Nさんのフォーム(修正後)

どうでしょう?

指の折り方が、さっきよりも自然になっているように見えませんか?

Nさん本人は、

「さっきよりも力が入る感じがする!」という感想をくれました^^

(どう見てもこっちの方が無駄のないフォームしてますからね笑)

さて、この2つのフォーム、一体何が違っているのでしょうか??

2つのフォームの違いは?

さてさて、この2つのフォーム、

一体どこがどう違うんでしょうか?

(写真の角度が一緒じゃなくてすみません…汗)

2枚並べてみると、けっこう分かりやすいかもしれませんね。

正解は、「手のひらの位置」です。

修正前は手のひらがネックから離れていたんですが、修正後は手のひらの小指側の付け根、いわゆる「手刀部分」がネックにくっついています。

上から見た比較画像はこんな感じ
↓↓↓

意識してもらったのは、主に2つです。

  1. 「え、こんなに!?」というくらい、指の側面を使って押さえる
  2. それに伴って親指の位置が下がる

指の側面を使って押さえることで、Nさんは前よりも力を入れやすい、自然なフォームでFを押さえることができるようになりました^^

ちょっと中指で押さえている部分がビビりますが、それ指先と爪の長さのバランスの問題なので、爪を切ったり指の皮がちょっと厚くなれば全く問題なし。

いいフォームになりましたね!

ここで注意していただきたいのが、

これはNさんが、「斜めに構えた方が弾きやすい体の構造をしてる」からこのフォームが良いのであって、違う構え方の方が合っている人もいる場合もある、ということです。

人間には、体の使い方が4タイプあって、ギターならそれぞれ適した弾き方が違います。

今回、Nさんのフォームを修正したのも、この理論に基づいているんです。

気になる方は、「4スタンス理論」で検索してみてください。

※と言っても、ギターに関する情報がほとんどなくて残念ですが…(^^;

「4スタンス理論」バイブルより引用

この画像のように、人間には「パワーライン」というものがありまして、それぞれのタイプによって、どのパワーラインを基準にして運動したら良いのかが違ってくるんですね。

今回のNさんが、かなり斜め向きに手を使ってFを押さえるのが楽だったのは、Nさんが「B2タイプ」だったからなんです。

もしあなたが、「練習はかなりしてるつもりなんだけど、それに見合うだけ上手くなってないんだよな…」と思うことがあるなら…

もしかすると、今の体の使い方が自分に合っていないのかもしれません(^^;

ぜひ、「4スタンス理論」について調べてみて、自分に合った体の使い方をマスターしてみましょう!

これについてはまた記事を書くかもしれませんので、お楽しみに^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください